8/17-25「真夏の芸術祭」公募展開催

2018年通信教育部 真夏の芸術祭における
第9回京都造形芸術大学通信教育課程「卒業生・修了生全国公募展」作品応募のご案内

応募受付は終了しました。

毎年8月に開催される通信教育部主催の「真夏の芸術祭」では、平面、立体、タペストリ…など、大学の卒業生・修了生を対象とした全国公募展が行われます。陶芸同窓会としても、公募展への積極的な陶芸作品の応募を呼びかけております。

公募展のテーマは設けられていない上、入選一次審査もありませんので、基本的にすべての応募作品が展覧会会場に展示されます。さらに、応募作品は全国公募展実行委員会の審査により、賞が与えられます。
■「大賞」1点/賞金10万円
■「優秀賞」2点/賞金5万円

ぜひこの機会に、日頃取り組まれているテーマ、モチーフ、素材、技法にて表現された陶芸作品を応募して瓜生山キャンパスにてご披露ください。

■会期:2018年8月17日(金)〜25日(土)
■応募受付:7月9日(月)〜14日(土)必着

尚、最終日17時(予定)からは、吉川充先生による陶芸応募作品のギャラリートークを開催いたします。応募の有無に関係なく、どうぞ足をお運びいただき、陶芸同志の作品をご一緒に鑑賞いたしましょう。

▼公募展の詳細は、大学の通信教育課程ホームページ「airUキャンパス」にてご確認ください。
応募は、エントリーシートをダウンロードしてください。

airUキャンバス(大学の通信教育課程サイト)
https://air-u.campus.kyoto-art.ac.jp/

▼airUキャンパス内「2018年 真夏の芸術祭開催のご案内」ページ
https://air-u.campus.kyoto-art.ac.jp/news/detail/882/

※エントリーシートのダウンロードには、「airUキャンパス」のログインIDとパスワードが必要になります。このログインIDとパスワードがわからない場合は、大学の通信教育部事務局学生課で再発行を受けることができますので所定の手続きをお取りください。
▼airUキャンパス内 卒業生・修了生・退学生の方へ airU利用登録通知の再発行について
https://air-u.campus.kyoto-art.ac.jp/files/airu-account.pdf

 

1806kouboten2
昨年、神内先生による陶芸ギャラリートーク