アーカイブ: 2017-05-09

田中哲也さん台湾〝アーティスト・イン・レジデンス〟レポート

田中哲也さん台湾〝アーティスト・イン・レジデンス〟レポート

台湾〝アーティスト・イン・レジデンス〟レポート
田中哲也さん(通信陶芸コース2001年度卒業)

2017年1月23日から3月31日までの約2ヶ月間、台湾にある新北市立鶯歌陶瓷博物館の招待を受け、作陶をはじめレクチャーやワークショップの開催、ギャラリーでの個展など、現地に滞在して活動する機会がありました。博物館では年に15名ほどの作家を招待しており、光栄にも私はその内の1人に選ばれたという次第です。

作品は、焼き上がると透ける陶土に蛍光顔料を施しLED照明を当てた「透ける器」、在学中から取り組んでいる「鉄と陶器を組み合わせたもの」、「新しい感覚の信楽焼き」を三本柱としました。

現地で作陶した「透ける器」作品は、陶芸家しかできない現代美術とは何かを考え、器自体に光や音、時間など、カタチのないものや目に見えないものを捉えた「光を盛る器」というのが制作コンセプトです。

もう1つの「鉄と陶器を組み合わせた」作品は、金属やボルト&ナットで繋げていくことで、窯の大きさの制限から解放された今までにない陶芸を目指したものです。

制作した作品は博物館に寄贈するとともに、3月の最終週には台北市内のギャラリーにて、台湾初の個展「田中哲也的全(田中哲也の全て)」を行いました。個展開催にあたっては、なにが受け入れられるかわかりませんでしたが、日本から送った「新しい感覚の信楽焼き」作品と合わせ、自分の持っているスタイルをすべて見せることにしました。

ギャラリーのオーナーをはじめ台湾には親日家が多いせいか、私の作品についても現地の陶芸作家から一般の方々まで、熱心かつ興味をもって受け入れられたようでした。

これまで闇雲に作家活動を続けてきた面がありましたが、今回の滞在と個展を通して、
〝少しぼやけてた輪郭がクリアになった〟と自分自身で感じています。自分の作陶の方向性が解り始めたというところです。

tta_IMG_1237tta_image6tta_image3tta_image1tta_image5

新北市立鴬歌陶瓷博物館
http://jp.ceramics.ntpc.gov.tw

田中哲也Facebook
https://www.facebook.com/tetsuya.tanaka.756

保存

保存

保存

通信教育部開設20周年記念事業 公募展とアートフェアのご案内(終了)

通信教育部開設20周年記念事業 公募展とアートフェアのご案内(終了)

最終日8/26(土)17:00〜神内康年先生をお迎えしてギャラリートーク開催!是非ご参加ください。[自由参加]

①『第8回京都造形芸術大学通信教育課程卒業生・修了生全国公募展』

会期:8月17日(木)〜8月26日(土)11:00〜18:00、会期中無休。
会場:ギャルリ・オーブ(瓜生山キャンパス人間館1階)。
募集:【作品部門】:立体、平面、タペストリ、着尺、映像、インスタレーション、作庭、模型、文章作品。
【プレゼンテーション部門】:研究・調査等の発表。
テーマ:テーマは設けません。
一次審査:応募規定に合致する作品・企画は会場に展示します(一次審査無審査)。
賞:大賞100,000円(1点)、優秀賞50,000円(2点)

②『アートフェア「アート・マルシェ」』

会期:8月25日(金)〜8月26日(土)11:00〜18:00、2日間。
会場:ギャルリ・オーブ(瓜生山キャンパス人間館1階)。
募集内容:2㎡の出店ブースを自由に表現してください。作品展示、物品販売等10企画。
審査結果発表:7月22日(土)。
応募受付①②:7月10日(月)〜7月15日(土)≪必着≫

→「airUキャンパス」から募集要項・エントリーシートをダウンロードしてください。
瓜生山懇親会等計画中です。随時「airUキャンパス」でご案内します。

▼airUキャンパス
https://air-u.campus.kyoto-art.ac.jp/
https://air-u.campus.kyoto-art.ac.jp/news/detail/297/

<サイバーキャンパスから「airUキャンパス」にリニューアルしました。サイバーキャンパス利用登録通知のIDとパスワードでご利用いただけます。>

※当企画へのお問い合わせは、大学通信教育部へ直接お問い合わせください。

「楽研修会」開催予告!!

「楽研修会」開催予告!!

今年度も、昨年に引き続き黒田村アートビレッジでの「楽研修会」を開催する予定です。

開催日 2017年9月〜10月頃に実施予定(2〜3日間)
場所 黒田村アートビレッジ
1705kuroda_tn_R0298766_150px
京都市右京区京北にある大学施設、登り窯、研修施設、宿泊室、シャワー室など有り、食事は基本自炊
京都駅より車で約1時間
参加費 約15,000円(食費、材料費など含む・参加者数により変動あり・懇親会費は別途)
募集人数 20名(先着順)
講師 中野 悟朗氏
内容 楽土による制作、アメリカン楽窯焼成、野焼き実習
担当 田中 良昭

●日程や研修会の詳細が決まり次第、ホームページとメールにて参加者募集します。
尚、メール登録者以外で参加希望の方は、「楽研修会参加希望」と書いてお問い合わせページよりお申し出ください。詳細案内をお送りします。

お問い合わせ

新年度からの講師・スタッフ紹介

新年度からの講師・スタッフ紹介

新年度を迎え、通信陶芸コースの非常勤講師の先生方や添削室スタッフ、通学部技官の入れ替わりがありましたのでご紹介します。

 通信陶芸コースの非常勤講師として通信陶芸コースに98年度入学された田中哲也さん、同期入学の嶋田健児さんが就任されました。お二人は卒業後、それぞれ地道に制作を続けられ、公募展やグループ展、個展などで作品を発表し続け、近年各方面で注目されている作家です。

 また、16年度まで通学部技官と添削室スタッフを兼任して下さっていたの斎藤晃久さんが退任され、通学部陶芸コース最後の卒業生でもある吉田瑞希さんにその重責を担って頂きます。(お三方には陶芸同窓会幹事にも就任いただきました)

 通信陶芸コースを退任された先生は、田中佳代子先生と藤田佳三先生です。

 田中佳代子先生は開学当初より業務担当非常勤として添削室スタッフの指導から授業内容の組立て、学生からの苦情受付に至るまであらゆる面でご尽力頂いた影の功労者でした。藤田先生は一見強面で取っ付きにくそうな見た目とは裏腹、皆さんに愛されるキャラクターの持ち主で、スクーリング中も笑いの絶えない明るい雰囲気を醸し出してくれていました。

 お二人にはお世話になった会員の方もあり、多くの方から惜しまれる声も聞こえてきます。今後共お二人のご活躍をお祈りし、またお目に掛かれるのを楽しみにしたいと思います。

 尚、引き続きお世話になるスタッフの皆さんは下記の通りです。

通信陶芸事務局・研究室運営担当…鈴木麻倫子さん
スクーリング・藝術学舎担当…岩下佳潮さん
通学部研究室技官…伊賀上空見子さん
通信陶芸添削室スタッフ…幸田史香さん、幸田春奈さん、中尾朋美さん、福谷美幸さん
通信陶芸SA…大前史さん、鄭智恩さん、遠藤良太郎さん、中川夕花里さん、坪田結花さん

2017年4月
田中 良昭

陶芸同窓会会長が交代しました

陶芸同窓会会長が交代しました

長年会長を務められた中野先生が昨年度をもって退任されました。
これまでの陶芸同窓会活動へのご尽力に厚く御礼申し上げます。
今年度より鬼束新会長の下、陶芸同窓会活動を継続してまいります。
今後とも会員の皆様のご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

退任のご挨拶

1705pf112x150_nakano

心地よい季節となりました。私は、本年3月末日をもちまして会長を退任し、新会長を鬼束鐵二郎氏に託すことになりました。平素より皆様からの厚いご支援をいただき同窓会運営ができましたこと心より御礼もうしあげます。

着任当初、同窓会活動が年代をこえた架け橋となるようにと述べましたが、納得いただけるような結果を残せませんでした。本当に難しい課題です。それでも、少しずつですがhpやイベントをとおして学年を越えた繋がりも始まっております。

大学を離れ、それぞれの生活に戻れば、そこには押し寄せる日々があり大学を忘れることも多くなりますが、今となれば1つの素材をとおして自己を見つめ直した時間がどれほど貴重であったか理解できます。

たとえ、陶芸と距離ができても学生時代の時間や仲間がいることを忘れずにいてください。その時の為に陶芸同窓会は無くてはならないものです。新たな陶芸同窓会にかわらぬご支援をお願いし、皆様のご健康を祈念もうしあげます。

2017年4月
中野悟朗

就任のご挨拶

1705pf112x150_onitsuka
若葉の緑もしだいに色濃くなってきました。

平素は陶芸同窓会の運営に会員の皆様に多大なご協力・ご支援を頂きましてありがとうございます。

この度、京都芸術短期大学・京都造形芸術大学陶芸同窓会役員会の承認を頂き、平成29年4月より中野悟朗前会長の後を引き継ぎ会長に就任しました。通信08卒の鬼束鐵二郎と申し ます。

京都芸術短期大学の設立からおよそ40年、この間、4年制大学の京都造形芸術大学が生まれ、通信教育課程(歴20年)や修士課程、博士課程の設置と瓜生山学園はさまざまな歴史を刻みながら発展をし続け、学園からたくさんの卒業生が羽ばたいていき、現在陶芸同窓会会員数は短大、大学(通学部、通信教育部)の皆様合わせて1,300名となってい
ます。同窓会としては一層の発展を目指し、学園との密接な連携はもとより、会員の皆様のご意見・ご要望をしっかり受け止め新役員一丸となって同窓会運営をして参ります。

どうぞ皆様も催事への積極的参画と円滑な運営にご協力・ご支援賜り、より豊かな同窓会活動を行えるよう引続きのご支援を心よりお願い申し上げます。

2017年4月
鬼束鐵二郎

会報のメール配信登録にご協力ください

会報のメール配信登録にご協力ください

陶芸同窓会では、コスト削減とインターネットを活かした最新情報のお届けを目指し、これまでの郵送での会報発行(年1回)から、Eメールでの会報メール配信(最新情報・随時)を推し進めています。

まだメールアドレスの登録がお済みでない会員の方はこちらからご登録ください。
会報メールのメールアドレス登録

藝術学舎 公開講座のお知らせ

藝術学舎 公開講座のお知らせ

藝術学舎の公開講座をお知らせいたします。

1705gakusya2017

藝術学舎ホームページが新しくなりました。

講座内容、お申し込み方法など詳細は、藝術学舎Webサイトをご覧ください。

藝術学舎
https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/

藝術学舎Facebookページ
https://www.facebook.com/gakusha.jp

 

Go Top